第1回栃木支部展」開催
記念すべき第一回栃木支部展が開催された。
昨年6月に支部結成の初会合を持ったときには、5〜6名が参加して貰えればと
思っていたところ、蓋をあけてみたら、20名で47点の出品になった。
数だけではなく、作品の内容も立派で感動的な展覧会になった。
展示作業を終えての集合写真 


 




 

 「作品・会員募集」専用サイト開設

応募者の便宜をはかる為別サイトを開設しました。
こちらからも応募要項を請求出来ます。



新日本美術協会「作品・会員募集」専用サイト

http://recruit.shinnichibi.org/

 



 

 第39回新日美展作品一覧



第39回新日美展の作品を掲載しました。
 受賞者一覧  委員の作品  会員の作品  準会員の作品  会友の作品  一般の作品 スナップ写真 
個々の画像には著作権があります。コピー厳禁です。 


 

 第39回新日美展終了

第39回新日美展は平成27年10月11日で終了しました。

多くの皆様にご高覧頂きましたこと、感謝申し上げます。

賞賛のお言葉、勉強になるお言葉、様々なご批評を頂戴し、今後の励みになりました。

会員一同次のステップに向かって努力してまいります。

次回も下記の予定で開催いたします。

今後ともご指導の程お願い申し上げます。


 

 栃木支部結成・承認

平成27年6月14日 那須サッポロビール園にて設立準備会開催。

6月28日新日本美術協会総会にて了承される。

これに従い、代表より支部長に増野喬を委嘱。

平成27年6月14日を設立日として、正式に栃木支部が認められた。
 




 

 事務局移転



事務局が平成27年7月1日より下記の鈴木方に移転しました。


新日美に関してご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
お手紙、お電話、FAX、メールいずれでも構いません。

  事務局   メール:事務局長 鈴木
 WEB管理者   メール:web-master@shinnichibi.org

 


 

 京都巡回展の様子

「第38回新日美京都巡回展」



平成27年3月24日第38回新日美京都巡回展テープカット

期間:平成27年3月25日〜29日
会場:京都府京都文化博物館
主催:新日本美術協会
後援:京都府教育委員会・京都市教育委員会・京都新聞





<フォトアルバム>

京都巡回展の様子を撮影した写真アルバムです。

 


 

 文化庁・東京都の後援許可下りる

文化庁・東京都の後援許可が例年より一月早く下りホットしました。

これで文部科学大臣賞・東京都知事賞・東京都都議会議長賞が貰えます。

このところの美術界は何かと問題多い中で、すんなりと許可が下りたことは、

この会が信頼されているものだと確信しました。

これからも真摯な姿勢で会を運営してまいります。
 


 

 2014第38回新日美展の記録

「第38回新日美展の記録」

会員の全出品作を掲載しています

 

 2014第38回新日美展

「第38回新日美展終了」

平成26年10月11日最終日をもちまして終了いたしました。
ご高覧ありがとうございました。

多くの皆様にご来場賜り、お陰様で盛会でした。



 

 2014第38回新日美展応募要項

2014第38回新日美展応募要項が決まりました。

下記ページよりご請求下さい。








直接ダウンロードはこちらから 




 

 2014第38回新日美展予定



 

 2013第37回新日美展の記録

多くの皆様のご来場、ご高覧、誠にありがとうございました。



展覧会の記録を掲載しました。ご覧ください。

2013第37回展の記録



 

  2013第37回新日美展終了

第37回新日美展終了しました。
多くの皆様のご高覧を賜り感謝致します。




 

 新日美選抜小品展の様子

「新日美選抜小品展」14日で終了致しました。
ご高覧ありがとうございました。

 
 会場の外からの様子
 会場の中の様子 


 

 新日美「第143号会報」 UP

新日美展「第143号の会報」をUPしました。

(会員に配布している会報も今回はカラーです)


  このホームページについて(書類保管)  

全ページ閲覧するには
[会員専用ページ] >へ
 入室してからですので、パスワードの入力を要求されます。

 
 
 
 




 

 新日美「第142号会報」 UP

新日美展「第142号の会報」をUPしました。

(会員に配布している会報も今回はカラーです)


  このホームページについて(書類保管)  

全ページ閲覧するには
[会員専用ページ] >へ
 入室してからですので、パスワードの入力を要求されます。

 
 
 
 



 

 図録バックナンバー注文フォーム出来上がり


ご注文申し込みフォームはこちら

2012年「第36回新日美展の図録販売」

出品者全員の作品を掲載 1ページに2作品

B5サイズ 124ページ オフセット印刷

¥1,000/冊(送料無料)





 正式英語表記決定

 ■新日本美術協会及び新日本美術協会主催展覧会の英語表記が正式に決まりましたのでお知らせします。
 
 団体名   Shin Nippon Artists Associatin
展覧会名   Shinnichibi Exhibition


 

 新日美展入場料改定

新日美展は第37回展より、入場料を以下の通り改定致しました。
学生さんには嬉しい設定になりました。
 
 入場料   ・一般:¥500 大学生:¥300 
    高校生(専門生)以下:無料
  但:・70才以上・障害者及びその付添者1名は無料
    新日美で配布しています右のハガキかチラシかをご持参の方は無料で入場出来ます。
  団体割引    5名以上の団体:一般¥300・大学生¥100
  半券割引    上野公園内の美術館・博物館の有料入場券の半券持参で:一般¥300・大学生¥100



 

 新日美「第141号会報」 UP

新日美展「第141号の会報」をUPしました。
今回は第36回展の作品のカラー写真や京都巡回展の事が掲載されています。

(会員に配布している会報も今回はカラーです)


  このホームページについて(書類保管)  

全ページ閲覧するには
[会員専用ページ] >へ
 入室してからですので、パスワードの入力を要求されます。

 
 
 
 


 

  第36回新日美展受賞者の声


2012第36回新日美展受賞者の声をご紹介します。
東京都知事賞

「雪降る音」
(日本画)

井上貴絵

 <井上貴絵さんの声>
 新入りに対しても作品を高く評価して下さる、
 貴協会の特性が宣伝されれば、若手美術家の入会希望者が
 増えることと思われます。

  全文
新人賞

「月の香り」
(日本画・ミキストメディア)

浜田洋子

 <浜田洋子さんの声>
 最近少し余裕が出て来たので、学生時代から夢中になっていた
 大好きな絵を又描てみようかなと思い立ちました。
 そんな時、 スタッフから新日美という質の高い会があから
 そこに出してみたらと言われました。

  全文



 

  2012第36回新日美展の新聞記事

2012第36回新日美展の記事が新芸術新聞に掲載されました

 


 


 新日美「第140号会報」 UP

新日美展「第140号の会報」をUPしました。
今回は第36回展の記事や受賞者の声が掲載されています。

(会員に配布している会報は白黒ですが、WEB上ではカラーで見れます)


  このホームページについて(書類保管)  

全ページ閲覧するには
[会員専用ページ] >へ
 入室してからですので、パスワードの入力を要求されます。

 
 
 
 



 

  2012第36回新日美展終了

多くの皆様のご来場、ご高覧、誠にありがとうございました。



展覧会の記録を掲載しました。ご覧ください。

2012第36回展の記録

 


 

  2012第36回新日美展開催

ただ今開催中です。ご来場をお待ちしています。




<36回展飾り付け終了後、会長と一緒に記念撮影>
 

ただ今開催中です。ご来場をお待ちしています。


 

 京都巡回展の詳細決まる


「京都巡回展」 
東京都美術館の第36回新日美本展後、京都府京都文化博物館で巡回展を開催致します。



《 第36回新日美展・京都巡回展》
 主催:新日本美術協会
 後援:(予定)京都府、市・教育委員会、京都新聞社、KBS京都等 
<開催概要> 
会 期 平成25年3月27日(水)〜31日(日)
会 場  京都府京都文化博物館 5Fギャラリー第3,4展示室
              京都市中京区三条高倉(075−2221-0888)   地図
選抜要領 @第36回新日美展から約110点を選抜(絵画の部80点、エ芸の30点)
  A選抜要領は次による。
 ・審査員、委員作品
 ・受賞作品から約20点選抜
 ・審査員による選抜作品
 ・西日本地区会員及び出品者作品
連絡先等 事務局:森屋 04-7191-6760
本部担当:小宮山 
巡回展担当:京都支部 飯村
会場直通:075−222−1771




 

 新日美選抜小品展の様子

 
 会場の外からの様子
会場の外からの様子 展示作業の様子 作品展示 作品展示
 作品展示  作品展示  作品展示 作品展示 
 作品展示  最終日の様子   最終日の様子   最終日の様子
 
 
新日美選抜小品展無事終了しました。
多くの方にご高覧頂きまして、ありがとうございます。
出品作品の質も高く立派な展覧会だったとおもっています。
今回は作品を何点かお買い上げ頂き、作者としても制作意欲がさらに湧いてくると思われます。

次回は平成25年9月8日〜14日に決まりました。
その日を楽しみにしています。
 



 

 京都巡回展の日程決まる


「京都巡回展」 
今回は東京都美術館の第36回新日美本展後、京都府京都文化博物館で巡回展を開催致します。

日程は平成25年3月27日(水)〜31日(日)

詳細は決まり次第お知らせ致します。
 



 
 新日美「第138号会報」 UP

「新日本美術協会会報」がWEB上で、会員の皆様に閲覧出来るようになっています。
会員に配布している会報は白黒ですが、WEB上ではカラーで見れます。

今回トップページのみ一般公開いたします。
第138号-1(PDF)

  このホームページについて(書類保管)  

全ページ閲覧するには
[会員専用ページ] >へ
 入室してからですので、パスワードの入力を要求されます。

 
 
 
 




 
  埼玉西支部展の様子


 会場建物エントランス

会長と共に

会場が川越市立美術館の市民ギャラリーということでとても立派な会場です。

支部長の熱心な指導で、展示作品はいずれも力作揃いで、会場に相応しい作品ばかりでした。

中尾会長はご健康を取り戻し、車椅子ではありますが、作品を鑑賞出来るまでになりました。


埼玉西支部展
 
 




 
  埼玉東支部展の様子


 会場建物エントランス   小作品チャリティー展示  談笑する来場者

作品展示  作品展示 作品展示 作品展示 

会場が市の商工振興センターということなのか、来場者が多くいらっしゃいました。

本展に出品した作品が多いせいなのでしょうか、展示作品はいずれも力作揃いで、強さを感じました。
本展出品作品を支部展でも展示することはとても良いことだと教えられました。
小品の展示はチャリティー販売のようです。

埼玉東支部は来場者に支部展や本展に出品するよう勧誘を、熱心に取り組んでいらっしゃいました。


埼玉東支部展
 
 




 
  千葉支部展の様子


 会場建物エントランス   入り口縦看板  受付テーブル案内ハガキ等

大作品展示  大作品展示 小作品展示 小作品展示 

昨年の千葉支部展は大震災の影響で開催中止を余儀なくされましたが、
今年は一昨年と同じJP我孫子駅に隣接する会場「けやきプラザ2Fギャラリー」で開催されました。
いつものことがいつものように出来ることは倖せな事です。
千葉支部展の会場は二つに分かれていて、一方は大作、一方は小品の展示になっています。
見るものにとって視点が定まるので見やすかったです。

千葉支部は写真のように新日美の宣伝に熱心に取り組んでいらっしゃいました。


千葉支部展
 
 




 
  多摩支部展の様子


 講 評   講 評  作品展示

作品展示  作品展示 作品展示 パーティー会場入り口 

第21回多摩支部展は立川駅から、ビルの谷間の信号機なしの高架歩道を楽しく歩るきます。
5分ほどすると会場である立川市女性総合センター「アイム」到着です。
エントランスホールに隣接している開放的なギャラリーでとても入りやすいところです。

会場では、各々の作品に対し、芳賀先生の講評が行われており、作者は熱心に耳を傾けていました。
どの作品も力作揃いで素敵な展覧会でした。

オープニングパーティーが会場を移し開催されました。
和気あいあいで楽しくて入口の看板を撮影後、写真を撮るのを忘れてしまいました。


 




 
  神奈川支部展の様子


       
 会場があるビル「リバーク 会場入り口   作品展示  作品展示

作品展示 作品展示 陶芸作品展示 

第33回神奈川支部展は川崎駅すぐ傍で交通の便がいい「アートガーデンかわさき」で開催されました。
付近は都会的で活気が溢れていました。
一転、展示会場内はゆったりとして落ち着いて鑑賞できました。
特に陶芸のすばらしいものがありました。

神奈川支部は地域活動にも熱心に取り組んでいます。
今回は「瀬上沢の命と文化を絶やさずに]次の世代へ」を合言葉にする、
NPO法人「ホタルのふるさと瀬上沢基金」の募金に協力していました。


 




 

  35回記念展のDVDを会員の希望者に頒布します

全作品収録、BGM付きで画像が自動送りされます。静止画も見られます。
撮影は張京浩委員、DV
D編集は事業部土屋政夫委員です。
35回記念展の記録用として作成したもので、プロによるものではありません。ご承知下さい。
パソコンをお持ちの方はもちろん、DVD再生機能のあるテレビであれば見る事が出来ます。

●申し込み方法

・ハガキ、又は電話、FAXで415日までに事務局(森屋)へ申し込み下さい。

・事務局:〒277-0921柏市大津ケ丘3-17-17-401 森屋方 TEL&FAX04-7191-6760

・発送は5


・代金払い込み方は同封の振り込み用紙をご使用下さい。
 (会員は会費振込用紙でも可、会費+DVD代を振り込んで下さい。
  通信欄に「DVD代含む」と記入して下さい。振込手数料申込者負担)

価格1枚:1,000円(送料込み、振込用紙同封)

 

 「第35回新日美展画像DVDについて」
このDVDディスクは第35回新日美記念展の作品及び展示の様子の画像を収録してあります。
DVDを扱えるパソコンやテレビで見ることができます。
画像の縦横比は各自のモニターに従います。

 ▼分類を5ッにしてあります。
 1) 委員作品・会場の様子
 2) 洋画作品そのT
 3) 洋画作品そのU
 4) 日本画作品
 5) 工芸作品
【操作方法】
・それぞれ5ッの分類はスライドショーとアルバムに分かれています。
・黄色くハイライトした箇所で決定ボタン押せばそこを見ることが出来ます。
・各アルバムには幾つかのページがあります。
・次のページに移るには右矢印をハイライトさせ決定ボタンを押してください。
・戻るには左上矢印や、リモコンのリターンとか戻るとかメニューボタンを押してください。
・細かな所は各自のハードに依存しますので、取扱い説明書をご覧ください。

 






 

  新日美「会報」の閲覧が可能に

「新日本美術協会会報」がWEB上で、会員の皆様に閲覧出来るようになりました。
会員に配布していた会報は白黒でしたが、WEB上ではカラーで見れます。

[会員専用ページ] > [このホームページについて] からの入室ですので、パスワードの入力を要求されます。


  このホームページについて(書類保管)  

 
 




 

  第36回新日美展チラシ

第36回新日美展のチラシが出来上がりました。
展覧会の概要、出品応募要項、前年第35回展の主な作品を印刷しています。
このチラシで新日美展の内容がほぼ把握できます。

   
 

文化庁・東京都の後援許可が下りました。
ダウンロードしてプリントアウト出来ます。


 




 
  さきたま支部展風景

       
 氷川の杜文化館の佇まい 氷川の杜文化館玄関   展覧会会場入り口  作品展示

     
作品展示 作品展示 作品展示 

第七回さきたま支部展は大宮市の氷川の杜文化館で開催しました。
風情溢れる施設での展示は落ち着いて穏やか気持ちで鑑賞できました。
ここでの開催は初めてでしたが、地元の人も多く来場され、盛り上がり盛況でした。。


 



  鈴木健夫特別会員の新聞記事



鈴木健夫特別会員の近況が新聞記事になりました。
体が思うように動かなくなっても制作意欲が旺盛です。
この気力、是非見習いたいものです。


 



  2012第36回新日美展概要

以上のような内容で開催予定です。
 




  画材探索フェアー



 <初心者からベテランの方まで・・・>
 この企画は、美術・芸術普及の一環として、画材をとおして基本〜専門知識まで学び、
 多くの方々が美術・芸術に接する機会を増し、またこれから始めようとする愛好家に
 活動の支援をすることを目的としています。

 この企画には当館スタッフ及び画材メーカーの専門家の方々より多種の
 画材(画材の特性、適正を知る)から絵画を学びます。

 
 ・イベント名  第一回上野の森「画材探索フェアー」
          〜画材から絵画を学ぶ!〜 2012
 ・会 期  平成24年1月24日(火)〜26日(木)
 ・開場時間  AM 10:00〜PM 5:00
 初日 12:00〜 最終日 〜2:00まで
 ・会 場  上野の森美術館 本館1階  地図
 ・会場の住所・電話  東京都台東区上野公園1-2 TEL03-3833-4191
 ・最寄り駅  JR上野駅公園口徒歩2分

入場無料

<協賛社>
画材メーカー多数

 
 ● 本館1階・3室 絵画・画材講座・説明会等開催
 ●本館1階・1室 上野の森アートスクール助手展 同時開催
主催:上野の森美術館
「上野の森・画材探索!2012」実行委員会


 




  第35回新日美展終了
 
第35回新日美展は終了しました。
多くの皆様にご高覧頂き、会員一同感謝しています。
ありがとうございました。



2011第35回展の記録
2011第35回記念新日美展の記録


 ・展覧会名  「新日美展」  第35回記念 (主催:新日本美術協会)
 ・責任者氏名  森屋 治三
 ・連絡先  〒277-0921 千葉県柏市大津ケ丘3-17-17-401
 ・会 期  平成23年10月27日(木)〜11月2日(水)
 ・開場時間  AM 10:00〜PM 5:00 (入場PM4:30)
 初日 PM1:00〜 最終日 〜PM1:00まで
 ・会 場  上野の森美術館 (上野公園)
 ・会場の住所・電話  東京都台東区上野公園1-2 TEL03-3833-4191
 ・最寄り駅  JR上野駅公園口徒歩3分
後援 文化庁・東京都・上野の森美術館      地図